ハウツー記事

WhatsApp インタラクティブ・メッセージ。ハウツーガイド

Gabriella
コンテンツライター。Respond.io
2022年6月10日

WhatsApp インタラクティブ・メッセージのビジネスでの活用方法を知りたいですか?もう迷うことはありません。このブログ記事では、WhatsApp インタラクティブメッセージの種類、WhatsApp インタラクティブセッションメッセージとWhatsApp インタラクティブメッセージテンプレート、それらの利点と設定方法について知っておく必要があるすべてのことが記載されています。

WhatsApp インタラクティブ・メッセージとは?

WhatsApp インタラクティブメッセージは、WhatsApp ビジネスAPIメッセージ機能で、連絡先が返信としてオプションを選択できるインタラクティブなボタンがあります。顧客と企業がお互いのニーズを伝え合い、簡単に返信することができます。

WhatsApp でエンゲージメントとクリックスルー率を高めるためにインタラクティブ・メッセージを送信することを検討している場合、ほとんどの場合、2 種類のWhatsApp インタラクティブ・メッセージに出会ったことがあるはずです。

  • WhatsApp セッションメッセージのためのインタラクティブメッセージ
  • WhatsApp テンプレートメッセージのためのインタラクティブメッセージテンプレート
WhatsApp インタラクティブ・メッセージの種類
WhatsApp インタラクティブ・メッセージの種類

それでは、WhatsApp インタラクティブ・メッセージの2つの種類とその機能について説明します。

WhatsApp インタラクティブメッセージセッションメッセージ

WhatsApp インタラクティブ・セッション・メッセージは、お客様から送信されたメッセージに対する返信として、24時間以内に送信する必要のあるインタラクティブなメッセージです。

企業がインタラクティブ・セッション・メッセージを送信する場合、WhatsApp からの承認は必要ありませんが、WhatsApp Business PolicyおよびWhatsApp Commerce Policy を遵守する必要があります。

interactivewhatsapp messages: セッションメッセージの機能
WhatsApp インタラクティブ・セッション メッセージの特徴

また、同じ会話の中でWhatsApp Interactive Session Messages を使い分け、購入サイクルの次のステップに進むよう促したり、カスタマーサポートのためにエージェントに誘導したりすることもできます。

また、インタラクティブメッセージの返信では、お客様は一度に一つのボタンやオプションしか選択できないことに留意する必要があります。ただし、気が変わったり、間違えたりした場合は、最初のステップや前のステップに戻ることができます。

次に、WhatsApp インタラクティブ・セッション・メッセージの種類とその使用方法について説明します。

WhatsApp インタラクティブ・セッション・メッセージの種類

WhatsApp インタラクティブ・セッション・メッセージには、4つのタイプがあります。これらは以下の通りです。

  • 返信ボタン
  • メッセージの一覧
  • 単一製品メッセージ
  • マルチプロダクトメッセージ

WhatsApp 返信ボタン

返信ボタンは、WhatsApp で企業とコミュニケーションをとる際に、顧客がボタンで構成される短い選択肢の中から欲しいものを簡単に選択する方法を提供します。テキストやメディアメッセージと一緒に、最大3つの選択肢を送ることができます。

whatsapp ビジネスボタンWhatsApp 返信ボタン例
WhatsApp 返信ボタンの例

ビジネスでは、フライト時間の変更、個人情報の修正、支払い方法の選択などにこの機能を使うことができます。3つ以上のボタンが必要な場合は、リストメッセージ機能をご利用ください。

WhatsApp メッセージの一覧

リストメッセージは、最大10個の選択肢からお客様が選択できるメニューで構成され、お客様のビジネスに対する要望を伝えることができます。この機能は、カスタマーケアやFAQメニュー、テイクアウトメニューの選択、店舗所在地などに利用できます。

対話型メッセージwhatsapp:WhatsApp リストメッセージの例
WhatsApp リストメッセージの例

単一製品メッセージ

単一商品メッセージは、事業者の在庫の中から1つの商品アイテムが表示されるメッセージです。事業者は、顧客が商品メニューから選択した商品を表示し、購入の手続きを促すことができます。

whatsapp メッセージボタン単一製品メッセージ
単品メッセージの例

マルチプロダクトメッセージ

マルチプロダクトメッセージは、ビジネスのインベントリから最大30アイテムの選択を含むメッセージです。この機能は、あるカテゴリーにあるすべての商品、または30点以下の商品であればカタログ 全体を顧客に見せるのに最適です。

インタラクティブボタンwhatsapp:マルチプロダクトメッセージ
マルチプロダクトメッセージの例

次に、2種類目の「WhatsApp Interactive Message-WhatsApp Interactive Message Template」とその機能について説明します。

WhatsApp インタラクティブメッセージのテンプレートです。テンプレートメッセージ

WhatsApp Interactive Message Templateは、テキストとメディアだけで構成される標準的なメッセージテンプレートに、インタラクティブなボタン(WhatsApp )を組み込むことで、企業が最大限に活用できるようにするものです。

インタラクティブメッセージwhatsapp:WhatsApp インタラクティブメッセージテンプレートの機能
WhatsApp インタラクティブメッセージテンプレートの特徴

このタイプのWhatsApp インタラクティブ・メッセージは、24時間のメッセージング・ウィンドウ以外でも使用することができます。ただし、企業はメッセージテンプレートを送信する前に、 WhatsApp から承認を受け、連絡先からオプトインを収集する必要があります。

インタラクティブメッセージテンプレートの種類

WhatsApp Interactive Message Template のボタンには、2つのタイプがあります。Call-To-Action (CTA)とQuick Replyの2種類があります。

コール・トゥ・アクション

企業は、CTAボタンを使って、お客様に電話をかけたり、ウェブサイトを訪問するよう誘導することができます。この機能は2つのボタンに限定され、1つのボタンはお客様に電話をかけさせ、もう1つのボタンはお客様のウェブサイトまたは特定のランディングページに訪問させることができます。

whatsapp ボタンメッセージ。テキストまたはメディアリッチテンプレートメッセージでコールトゥアクションボタンを追加することができます。
コールトゥアクションの例

WhatsApp BusinessAPI の番号にはかけられないので、通話ボタンを接続できるのは、WhatsApp BusinessAPI の番号と異なる固定電話または携帯電話の番号に限られることに留意してください。

クイックレスポンス

クイックリプライは、あらかじめ用意された返信オプションをクリックすることで、お客様があなたのビジネスに何を望んでいるかを示す機能です。テキストやメディアメッセージと一緒に、最大3つのボタンを追加できます。

この画像は、クイック返信ボタンの例ですwhatsapp
クイックリプライの例WhatsApp ボタン

この機能は、WhatsApp インタラクティブ・セッション・メッセージ返信ボタンと似ていますが、クイック返信は企業が使用する前にWhatsApp によって承認される必要があるという点が異なります。

WhatsApp インタラクティブ・メッセージの種類とできることがわかったところで、なぜ企業がWhatsApp インタラクティブ・メッセージをWhatsApp ビジネスAPI に利用する必要があるのかを見てみましょう。

WhatsApp インタラクティブメッセージのメリット

WhatsApp インタラクティブ・メッセージの使用により、企業は顧客の注意を引き、会話中も顧客の関心を引き続けることができます。

より充実したカスタマーエクスペリエンスを提供し、ヒューマンエラーを最小限に抑え、レスポンス率とコンバージョンを向上させることで、企業がシームレスなカスタマージャーニーを実現できるよう支援します。

whatsapp ボタン付きメッセージWhatsApp インタラクティブメッセージのメリット
WhatsApp インタラクティブメッセージのメリット

下の項で、それぞれのメリットを探ってみましょう。

カスタマーエクスペリエンスの向上

WhatsApp インタラクティブメッセージは、カスタマージャーニーにおいて、あらかじめ設定された道筋に沿ってお客様を誘導するために使用することができます。また、お客様の状況に応じてメッセージをカスタマイズし、パーソナライズされた体験を提供することも可能です。

例えば、企業は予約のために予約時間帯のリストを表示したり、返信ボタンを使って顧客の前回の配送先を表示したりすることができます。これにより、お客様は企業の求めるものを簡単に見つけることができ、ワンクリックで返信することができます。

ヒューマンエラーの最小化

インタラクティブメッセージは、人々がビジネスで必要なものを見つけ、選択するための、よりシンプルで一貫した方法を提供します。ボタンひとつひとつが綿密に計画されているため、誤入力やメッセージの不明瞭さといったヒューマンエラーが発生する余地はほとんどないのです。

インタラクティブなメッセージがないと、お客様や企業はいちいち自分で返信を入力しなければならず、ミスの可能性があり、コミュニケーションが不明瞭になる恐れがあります。

コンバージョンの向上

また、企業はブロードキャストで プロモーションメッセージを送る際に、CTAボタンを使って顧客に問い合わせやウェブサイトへの訪問を誘導し、コンバージョン率を高めることができます。

WhatsApp のテストでは、純粋なテキストベースのメッセージングと比較して、インタラクティブ・メッセージングが高いレスポンスとコンバージョン率をもたらすことがわかりました。これは、会話を通じて顧客を誘導し、顧客が素早く返信できるようにする機能があるためです。

WhatsApp インタラクティブ・メッセージの設定

respond.io では、WhatsApp Interactive Session Messages とWhatsApp Interactive Message Templates を簡単に設定し、送信することができます。このページでは、これらのメッセージの設定方法と、それを使ってすぐに顧客とつながる方法について説明します。

WhatsApp インタラクティブ・セッション・メッセージの設定方法respond.io

respond.io でインタラクティブセッションメッセージを設定するには、ワークフロー のような高度な自動化ツールが必要です。ワークフローを使用すると、重いコーディングをしなくても、WhatsApp BusinessAPI で会話を自動化し、インタラクティブメッセージを使用することができます。

WhatsApp Interactive Session Messages をrespond.io Workflows で設定するには、以下の手順に従います。

1. respond.io プラットフォームの「ワークフロー」に移動し、「ワークフローを追加」をクリックします。

whatsapp メッセージにボタンを追加する方法。ワークフローを作成するrespond.io
respond.io プラットフォームの「ワークフロー」に移動し、「ワークフローを追加」をクリックします。

2.ワークフロートリガーを「Conversation Opened」に設定します。

WhatsApp インタラクティブメッセージ。ワークフロートリガーを「Conversation Opened」に設定します。
ワークフローのトリガーを「Conversation Opened」に設定する

3. メッセージ追加ステップでウェルカムメッセージを作成 し、お客様をお迎えします。設定ドロワーでChannelをWhatsApp に設定していることを確認してください。

WhatsApp インタラクティブなメッセージウェルカムメッセージの作成
お客様をお迎えするメッセージの追加

4. Ask a Question Stepを選択 し、Multiple Choiceをクリックしてメッセージを作成します。このステップは、リストメッセージと返信ボタンに使用することができます。

返信が3つ以下の場合、連絡先に返信ボタンが表示されます。3つ以上の選択肢を用意した場合、連絡先にはリストメッセージが表示されます。

whatsapp でインタラクティブなボタンを作成する方法 :respon.io に質問ステップを追加する
質問する」ステップを選択し、「複数選択」をクリックしてメッセージを作成します。

以下は、ワークフローが公開された後に連絡先に表示される内容の例です。

whatsapp で、返信ボタンやメッセージの一覧を表示する対話型メッセージはこんな感じです。
返信ボタンとリストメッセージの例

単一および複数の製品メッセージは、現在、私たちのプラットフォームでサポートされていません。しかし、それらをWhatsApp BusinessAPI で使用したい場合は、Meta for Developers のドキュメントを参考に、開発者がコーディングする必要があります。

5.ワークフローの他の部分でデータを使用するために、応答を変数として保存します。

ワークフローの他の部分で使用する変数としてレスポンスを保存するrespond.io to see ボタンがwhatsapp メッセージに表示されます。
ワークフローの他の部分で使用するために、応答を変数として保存します。

6.6 . 選択肢の数に応じて、「枝」を追加 します。次に、各選択肢に1つのブランチを指定し、それに応じたラベルを付けます。こうすることで、選択した選択肢に基づいてメッセージをパーソナライズし、適切なサポートエージェントに割り当てることができます。

設定後、ワークフローを保存し、公開します。

提供された各選択肢のブランチを追加する

WhatsApp インタラクティブメッセージテンプレートの設定方法についてrespond.io

respond.io にWhatsApp Interactive Message Template を設定するのは簡単で、特にWhatsAppの承認を得るためにテンプレートを送信することは、プラットフォーム自体で可能です。

設定 > チャンネル >WhatsApp 360dialog > テンプレートに移動します。作成したいテンプレートメッセージの詳細を入力します。CTAテンプレートメッセージの例については、以下の画像を参照してください。

WhatsApp インタラクティブ・メッセージ・テンプレート:コール・トゥ・アクション
WhatsApp インタラクティブ・メッセージ・テンプレート CTA の例

クイックリプライを設定する場合も、同じ手順で行います。そして、メッセージのカスタマイズ時にクイック返信を 選択し、各ボタンに対応するテキストを作成します。クイック返信のテンプレートメッセージがどのようなものかは、下の画像を見てください。

WhatsApp インタラクティブ・メッセージ・テンプレート:クイックリプライ
WhatsApp インタラクティブメッセージのテンプレート例 クイックリプライ

WhatsApp インタラクティブ・メッセージ・テンプレートの設定方法について、さらに詳しい情報が必要ですか?WhatsApp Message Template Blogでステップバイステップのガイドをご覧ください。

このブログで、WhatsApp インタラクティブ・メッセージの設定方法と、WhatsApp ビジネスAPI における顧客とのコミュニケーションを向上させる方法について、より深くご理解いただけたと思います。

参考文献

WhatsApp ビジネスAPI についてもっと知りたいですか?ご興味がありそうな読み物をご紹介します。

タグ
クリップボードにコピーされました

始める準備はできていますか?

ありがとうございました。サインアップフォームに移動しています。
おや?何かが間違っていました。ブラウザを更新してもう一度試してみてください。
ありがとうございました。あなたの投稿を受け取りました。
おっと!?フォームの送信中に何か問題が発生しました。
14日間の無料トライアルを開始